SSブログ

ベルギービール Delirium Café Tokyo 第三回代古会 [ベルギービール]

今週末は霞ヶ関のDelirium Café Tokyoに行ってきました。
今回は代古シェフのお食事会です。
テーマは「クリスマスビールとのマリアージュ料理」でした。

明るい時間にこちらに来るのは久しぶりかな? こんにちは!! 12時ちょい前[時計]

赤坂から古城戸店長も来られてました。

では、時間になりましたのでまずは代古シェフからご挨拶!!

そして、最初のビールが出て来ました。

「ペレ・ノエル」 (De Ranke Père Noël) 2007年物
デ・ランケ醸造所 7.0%
今回、2007,2008,2009と3種類あったのですが、2007年のを頂きました。
2人で1本をシェアと言う形でしたので私達のテーブルでは2007と2009を選択しました。
2009の方もちょっと味見させてもらいましたが、あちらは苦味しっかりキリッとした感じ
だったけど、こちらの2007は熟成?が進んでいるのか甘い感じと円やかになってる感じ。
そして、このビールに合わせて前菜の料理が出て来ました。

「スモークした豚バラ肉のラビオリ 
        冬野菜のスープ仕立て 削りたてのパルミジャーノ・レッジャーノ」
柚子のいい香りがしてます。人参、ゴボウ、椎茸とサイコロ状に切られてて、いろんな食感
と味わいが楽しめます。ちょっとトロッとした感じの温かいスープでした。美味しい。
ラビオリも中のお肉がスモーク感が出ていて、ねっとり感は里芋が入ってるからだとか。
餃子の皮っぽいのもいい感じ。美味しかったです。

そして、次のビールの準備も始まりました。
ここから大瓶になります。2本めは非常に珍しいビール。今回3本ありました。

ビールのサーブは、青木店長。


写真では判りにくいですが、1本目とだいぶ色が違いました。


「ジーザス・レゼルバ」 (Struise Tsjeeses Reserva) 2007年物
ストライセ醸造所 10.0%
普通のジーザスじゃなくて、レゼルバ。なかなか入手できない珍しいビールです。
確か初めて飲みます。アルコール高めですが、美味しいですね。

そして、ビールに合わせた魚料理もやってきました。

「長崎産鯛と帆立貝のヴァプール ほうれん草のクリームソース」
結構厚みがありますね。鯛にクリームのソース美味しい。下の野菜はシャキシャキ。
帆立貝の貝柱も甘みがあって美味しかったです。

ちなみに、料理が美味しいのでついついビールを飲むのを忘れがちでしたが、
ビールとの相性もいい感じでした。

ところで、厨房の方では次の料理の準備が進んでました。


そして、ビールの方も次の料理に合わせて、準備が進んでいます。


「ルル・キュベ・クリスマス」 (La Rulles Cuvée Meilleurs Voeux)
ルル醸造所 7.3%
次のクリスマスビールは、ルルです。ルルのおじさんもクリスマス気分。

そして、ビールに合わせた肉料理も出て来ました。

「北海道産蝦夷鹿のロースト バニラ風味の栗のピュレ ブルーベリーのソース」
ジビエです。鹿です。赤味のお肉がたっぷり。鹿肉と言っても癖もなく、柔らかい。
軽く酸味のあるソースとお肉の旨味がいいですね。お肉の下には栗のピュレが敷いて
あって甘みのあるピュレと一緒に食べるのもいいです。美味しかった。

そして、最後はデザートです。

「種子島産安納芋の温かいティラミス仕立て」
写真の撮り方の問題でちょっと判りにくいですが、飴細工が綺麗に飾られてました。
真ん中のアイス、周りにふんわりケーキと安納芋のフリット。芋がホクホクで甘い。
美味しかった。

最後に青木店長と代古シェフからご挨拶。


次回はいつにしますか?って話やテーマの話も出てきました。
次回も楽しみですね。ごちそうさまでした!!!

この後は、お馴染みのメンバーで赤坂方面へ。

★今年のベルギービール:123 (通算322)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます